青海波 (せいがいは)

分類    薄葉系統  縞甲系
作出年代  昭和16年
登録    昭和 31年
作出者   兼子琴次  (愛知県)
命名者  溝淵寿吉  (香川県)
登録者   溝淵寿吉  (香川県)

 

青海波(せいがいは) 5年生 中型種。濃緑色の葉は、ほっそりと曲線を描いて気品良く樋葉となって、櫛ですいたような総雅糸竜が葉全面を覆う。乳白色の深い覆輪を現し、折り下げの良い左右の均整のとれた端正な葉姿で、あたかも貴公子の風格で魅了される。性質は至って強く、採光は十分に行い、肥料もやや強めに与えると十分に芸を現す。鉢はなるべく小さなものを使用して栽培すると、葉芸は特に良くなる。繁殖も良好で、子上げも良い。

青海波(せいがいは) 3年生 濃緑色の葉に総雅糸竜で全体を被う。襟組み良く葉姿整う、性質は強健で作りやすい。

青海波(せいがいは) 中型種。細葉に繊細な雅糸竜が現れ、覆輪は白く深く現れ首元を低く折下げ先端はやや垂れます。左右均整良く、高貴な趣があります。性質は普通。繁殖も中。