国の花 (くにのはな)

分類   実親系統 縞柄
作出年代 昭和12年
登録   昭和年
作出者  中島種三郎(愛知県)
命名者
登録者  日本萬年青実生研究会

昭和12年当時優秀な実親として珍重された『錦蝶』(群宝に類似した形)×晃明殿を交配して生まれた。濃紺緑色の葉肉厚く照り葉で葉縁には白覆輪を見せます。『晃明殿』の特徴である櫛目の雅糸竜を現す。

5月13日の写真 『国の花』は花穂が大きいのが特徴 メシベは大きく粘液を非常によく分泌するため交配がしやすい。メシベとオシベの開花期が一致する。両親の優性(竜・しかみ竜・剣・地合い・紺性)等が実生に現れる。最近は獅子系の♂ ♀木として見直されています。

7月3日の写真 実が膨らみ始める

12月19日 写真 実が色づく

仁平大宝×国の花 青海波

麒麟獅子×国の花 獅子王