聖雲殿 (せいうんでん)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和12年
登録    昭和23年
作出者    大河内広吉(愛知県)
命名者    岡田和吉(愛知県)
登録者    岡田和吉(愛知県)
作出地    愛知県

 

羅紗は品種ごとの地合いの違いに究極的な楽しみがある。特に本種の柚子肌地、紺性の強さは他を圧倒している。その地合いをひきたてるように、熨斗葉主体の渋い芸、矢羽根状の覆輪を現し、深い紺地との対比が美しい。くさび型の葉は直線的で鋭さのある小型種。性質は強健、採光は普通、肥料は少なめ。芋吹き、子吹きともに良い。

艶けしの柚子肌地に熨斗葉を現し覆輪を見せます。柚子肌地の代表品種。

聖雲殿 (せいうんでん)  5年生 鉢3.3号