長生殿 (ちょうせいでん)

分類    羅紗系統
作出年代  大正初期
登録    昭和9年
作出者   平井某 (愛知県)
命名者    恒川保太郎 (愛知県)
登録者    恒川保太郎 (愛知県)
作出地    愛知県

長生殿(ちょうせいでん) 6年生 鉢 3.8号

腰高で折下げの良い葉姿、純白の覆輪は深く、濃紺緑色の地合い。総雅糸竜が主で、剣葉、鈴虫剣も現す。葉繰り良く、性質は強健。葉姿整う中~大型種。この白さは他の羅紗でわなかなか味わえない。採光、肥料とも普通から強め。繁殖は芋吹き、子上げも良い。図の入った「長生殿の図」も「お多福の図」と同様ファンを持つ。

長生殿(ちょうせいでん) 鉢 3.8号
若い時期は濃紺緑色の葉が目立ちます。芸が出始めた3年生。 年を経つに従い白い覆輪が深くなります。