聖源 (せいげん)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和42年
登録    昭和61年
作出者    三光園(東京都)
命名者    遠藤源太郎(千葉県)
登録者    三光園(東京都)・(内野翠苑)・(天下苑)

 

細葉、雅糸竜を主体とした芸は若くから現れ、熨斗葉、玉竜も現す中型種。細葉系の特徴として、葉繰りが良いため、左右のバランスが乱れず、作り易い品種。また、葉数も多くなり、十二単のような美しい襟組を見せる。性質は強健、採光、肥料ともに強くしたほうが芸良く現れ、葉肉も厚くなる。芋吹き、子上げともに良い。

聖源(せいげん) 2年生 鉢3.3号 昨年の葉から芸が進化した

聖源(せいげん) 6年生 鉢3.8号 葉先が尖り、葉に総雅糸竜を現し葉繰りも良い。性質は強健で作りやすい。繁殖はよく子上げする。親木になると全体に白覆輪に覆われます。