峻嶺 (しゅんれい)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和30年
登録    昭和45年
作出者    鈴木春太郎(愛知県)
命名者     江田進(東京都)
登録者    丹下和郎(愛知県)江田進(東京都)
作出地    愛知県

 

 

万年青 峻嶺(しゅんれい)

幅広で短い菱形の特徴的な葉をみせ、一種独特の雰囲気を持つた中型種。強い紺性、柚子肌の葉は直線的で中立ち葉となり、名前の通り急峻な山岳がそこにあるよう。熨斗葉、剣葉、雅糸竜などの芸も作り込むことで現れてくる。稀に「力和」のような丸葉の芸も。性質は強健で、採光、肥料は強め。繁殖は主に芋吹き。

峻嶺(しゅんれい) 4年生 鉢 3.5号
紺性の強い葉に艶消し地の雅糸竜・折り熨斗葉を現します。「峻嶺」独特な葉姿で、「力和」・「旭翠」と並んで見分けやすい入門品種。性質は強健で作り易い品種。

峻嶺(しゅんれい) 1年生 芋吹き 鉢 3.3号

万年青 峻嶺(しゅんれい) 

羅紗系統、覆輪特に深い、芸が素晴らしい。系統の良い物を、しっかり日を当てて管理すれば、芸がよく出てきます。中立ち葉で、ひし形の葉、短く丸い葉を出すのが特徴。首が太くなりやすい。大宝の実生。