五大州  (ごだいしゅう) 

分類   大葉系統 縞柄  江戸おもと
作出年代 文久元年
登録   昭和40年追認
作出者  速水某 (東京都)
命名者  速水某 (東京都)
登録者  日本萬年青連合会

五大州 (ごだいしゅう) 8年生 鉢 19cm(6.5号)

葉巾広く、立ち葉で、葉肉厚い。大葉縞物の代表品種で特に丈夫な品種。採光は普通、肥料を少し多くすると子上げも良い

五大州 (ごだいしゅう) 鉢は薩摩鉢 江戸時代からの品種で大葉縞柄では最も古い。立ち葉で縞柄といったら「五大州」ともいわれる、魅力ある縞柄代表品種。子上げの良い品種だが、子によって縞柄の入り具合が異なるので、良い縞の出たものだけを残すようにする。均一な縞の親木からは均一な縞を持つ子がでる。性質は強健で子上げ良い。採光、肥料は強くて良い。