太陽殿の虎(たいようでんのとら)

分類    大葉系統 覆輪系 虎
作出年代 昭和53年頃(年)
登録    昭和60年
作出者  小倉利夫
命名者   小倉利夫
登録者   森衙郎・河村好正・森健治

 広葉で、黄白色の大覆輪と白虎を現し、波を打つ葉型になる。
性質は強健で作り易く実付き良い品種。

元木の太陽殿(たいようでん)は大葉覆輪を代表する人気品種。大きく深く入る覆輪と、波打ち、葉幅広くのび、葉先の尖る姿は美しい。

大きく白い虎柄が現れ、華やかに太陽殿を彩る。太陽殿の濃紺と虎柄の相性も抜群。

名前がよいので、家康公のように、引越しやお祝いに贈っても喜ばれます。おもとの中でも大きな種で、もちろん赤い実もたくさんつきます。地植えにも向く。

 

おもとは一葉の中に森羅万象を現します

太陽殿は堂々としたその姿から太陽の名にふさわしい姿。

虎という白い大きな柄は、虎柄と言われ、虎にたとえられます。