太陽殿の図 (たいようでんのず) 

分類    大葉系統 覆輪系 虎
発見年度    平成元年
登録    平成6年
発見者   別府哲朗 (宮崎県)
命名者   別府哲朗 (宮崎県)
登録者   別府哲朗 (宮崎県)

「太陽殿」に鮮明な図斑が現れたもの。濃緑色の葉に黄白色の大覆輪が幅広く葉先まで深く現れる。光沢のある葉に流れるような図や、雪白に冴える打ち込み図があらわれる。葉長50㎝、葉幅8㎝内外でやや立ち葉。原木が「太陽殿」なのでそだてやすく子上げも良い。採光は遮光ネット越しに充分とる。

  「太陽殿の図」 1年生苗

濃緑色の葉に黄色い深覆輪をあらわし打ち込みの図柄を見せる。性質は強健繁殖良い。大葉図物といえば「家 宝都の図」や「聖光都の図」などあげればきりが ないが、この数年で存在 感を現してきたのが本 種。作出發見は平成元年 と新世代の図物で、やはり広葉で迫力ある「太陽 殿」に打ち込み図が現れ 美しい。強健繁殖良い。