雪雷 (せつらい) 

分類    薄葉系統  縞甲系
作出年代  昭和 45年
登録    昭和 63年
作出者   不詳 (愛知県)
命名者   小林信夫 (長野県)
登録者   小林信夫 (長野県)

 

縞甲竜系の中では小型種。『雪渓錦』の芽変わり。濃紺緑色の葉は地合い良く、樋葉となって雅糸竜を現す原木の『雪渓錦』が、栽培中に根変わりして雪白の矢筈斑が出現したもの。根変わりしたためか、原木に比べて小型となり、葉姿も変化して全く違う姿となる。性質は至って強く、矢筈虎を鮮明に現すためにも、施肥・採光・通風は他の品種に比べて強めにする。繁殖は旺盛で作り易く、入門者にも大変楽しめる品種である。

濃紺緑色の葉に雅糸竜を現すし、雪白の矢筈斑を現す。
『雪渓錦』の芽変わり。
性質は強健、繁殖特に良い。採光は他の種類より強めにする。