玉姫 (たまひめ)

玉姫の基本情報

分類    薄葉系統  獅子系
作出年代     昭和52年
登録    平昭和60年
作出者   不詳 (愛知県)
命名者   小川義明 (愛知県)
登録者   小川義明・六鹿昭 (愛知県)

玉姫(たまひめ)幅の広い葉一面に高く盛り上がる総雅糸竜を現し、中央に「鳴門の渦潮」を思わせる玉竜と、葉面を突起させるような跳ね竜を現す。葉肉が非常に厚い多芸品種にもかかわらず巻は良く、覆輪も深く大変観賞価値の高い逸品である。非常に人気も高く、棚入れを希望する趣味者も多い。性質は強健で繁殖も良く、特に子上げが良い。あまり強い日に当てると大きくならず葉の巻きも悪くなるので、採光は普通にする。施肥は普通で良い。

 

玉姫の魅力 玉雅糸竜と跳ね芸

濃緑色の葉に盛り上がる厚はに総雅糸竜・玉竜葉面を突起させる跳ね竜を現す、
丈夫で育てやすい品種 採光はやや強めにして管理。おもとの中でもこれほど激しい玉雅糸竜・跳竜を見せる品種は少ない。獅子系統の中では一度は作ってみたい品種。子上良く丈夫です。又実親として玉雅糸竜・跳ね芸を移す雄木に使用しても面白い。

 

芸の強いものほど、若い時に暴れる傾向があります。大人になると落ち着いてきて(!?)、整然とした姿になってきます。非常に葉肉が厚く丈夫で、この青、縞、覆輪、縞覆輪、どれも実親に使えます。もちろん私どもも使っています。小型の玉姫とも言われる古龍丸のようなものを狙っても面白いですし、この芸でより葉の長いものや大葉系統とかけて大きな玉姫の芸の強いものを狙っても面白いですね。羅紗の実親とかけて羅紗獅子の玉姫がでても盛り上がりは凄いでしょう。長い間なかなか手に入れるのも難しかった品種。

跳ね竜

玉姫(たまひめ)2年生

青の玉姫(たまひめ)

玉姫 (たまひめ) 獅子系の実親の♂木として最適

イメージ 4
玉姫(たまひめ)
濃緑色の葉に盛り上がる総雅糸竜・玉竜・跳ね竜を現す

 

 

玉姫 たまひめ  の 跳ね竜

イメージ 4
跳ね竜で一番有名なのは玉姫でしょうか。
なかなかここまで綺麗な跳ね竜を魅せる品種は少ないです。若い頃は雅糸龍だったものが、年を重ねるにつれ、雅糸龍も深い山を刻むようになり、玉竜、跳ね竜を現すようになります。竜が跳ねているようにみえるので跳ね竜といいますが、角のように見えるという人も。角竜(つのりゅう)とも呼ばれ、これは万年青の芸の奥深さなのですが、地域ごとに呼び名がかわったりしています。
万年青の曙柄(外輪山や東天光、福の光など)が、海を渡ったアメリカでも アケボノで通じます。葉芸に関しては世界でも特に秀でた観察眼を持っていた万年青趣味者。突き詰めていく民族性なのか!?
この跳ね竜があると華やかな印象になり、元気のよいイメージを与えてくれます。もし新品種に跳ね竜を出したいな、と思ったら、青龍や玉姫などを使うとやはり遺伝しやすいです。玉姫も交配の時に羅紗の血が強いと羅紗獅子や本当の羅紗になりますので、面白いです。

玉姫の根

玉姫(たまひめ)

玉姫(たまひめ)上砂を取り根の状態を見る

玉姫(たまひめ)

新根や枝根が新しく出ています。古根の根っ子も健全な色です。

玉姫(たまひめ)6月15日

縁金に植え替え、入梅の時期根が表土より出ているもの、元気のない物は植え替えします。この時期植え替えしても大丈夫です、ただし古葉(下葉)が落ちやすい、上から根っ子がでてくるからです。この時期の植え替えは前の用土を8割ほど使います。

 

玉姫についての動画

 

おもと芸 跳ね竜