白牡丹 (はくぼたん)

分類    薄葉系統   江戸おもと
作出年代    不明
登録    昭和29年
作出者   不詳
命名者   不詳
登録者   日本萬年青連合会

 

白牡丹(はくぼたん)  「水菜虎」

江戸時代からの品種で古くは「水菜虎」と呼ばれていた。紺性の強い葉に白虎が大小様々に入り美しい。葉先尖り、細葉の立ち葉性で葉繰り良く、自然な葉姿。葉長20㎝の中型種。性質は強健で肥料は強め。春の日を当てることで虎柄がしっかり現れ、子もあがり、株立ちになりやすい。地植えにも向く品種。

白牡丹(はくぼたん) 8年生  鉢 6.0号
株立ちになり易い木です。柄は芽出しの時、午前中の日光を充分に当てると柄が鮮やかになります。関東以西では露地植えでも良く出来ます。

葉長20㎝、葉幅2㎝内外の図虎系の中型種。立ち葉で、紺地のある葉に美しい白虎を葉一面に現す。ときどき図の様な葉も出し美麗品である。昔「虎の子」が高かった時代には、「遠州虎」「みずな虎」などといわれた。明治元年の銘鑑には「水菜虎」として中堅的位置に名が掲載されている。明治11年の銘鑑には「虎の子」は第1段に名を現し、「水菜虎」はその2段下にある。性質は丈夫で、繁殖は良く採光を強めにすると子上げが良く、株立ちになりやすい。肥料は強めの方が良い。