龍巻都の図 (たつまきみやこのず) 

分類      大葉系統 図物
発見年度    昭和44年
登録年度    昭和55年
発見者   佐伯保生(宮崎県)
命名者   佐伯保生(宮崎県)
登録者   佐伯保生(宮崎県)

大葉最高高級品種。濃緑色の立ち葉。葉はねじれるのが特徴で、中に純白の図があらわれます。絞り込んだ図柄と龍巻く葉が同時に現れる葉は迫力がある。今までにない葉芸に、登録されると全国の愛好家の垂涎の的となった。原木の「聖光都の図」の葉芸のあらわれたものなので、葉肉厚く、性質は強健、採光は普通。殖え芽は今でも極めて少ない。

龍巻都の図 (たつまきみやこのず)  1年生の時から葉はねじれ図は鮮明に現われます。

 

龍巻都の図 (たつまきみやこのず) 濃緑色の立ち葉、葉はねじれるのが特徴、葉の中に純白の図が現われる。木の勢いがつくと図もはっきり現われます。