朝陽 (ちょうよう)

分類    薄葉系統  一文字系
発見年度    大正初期
登録    昭和39年
発見者   不詳
命名者   柴山政明(千葉県)
登録者   森昌則(山口県)   

「日月星」の根変わりで、深い覆輪に、雪白の虎が現れた。午前中の直射日光を丁寧に当てて秋まで育てることで、雪白に冴えてくる。「地球宝」「天錦章」「朝陽」「暁」はすべて「日月星」から一芸ふえたもので、それぞれ図、虎、縞、羅紗地の芸をもつ。採光、肥料は強め。性質は強健。湿度のある場所で管理すると良く出来る。

朝陽 (ちょうよう) 6年生 鉢4.5号 濃緑色の葉に深い覆輪がかかり白虎柄が現れます。虎柄は採光具合により冴え方に差が現れます、子上げの良い品種。
『日月星』の根変わりで虎の現れた物。

白虎斑柄

『日月星』の根替わりで虎が現れたものである。虎は雪白なものと、新芽の頃に黄色く現れても夏を過ぎると少しずつ消えて秋にはほんの少ししか残らない後暗みのものまで、かなりの格差がある。葉の成長とともに雪白になってくる後冴えのものが最上質である。虎は採光具合によっても冴えかたに変化があり、早朝から午前中の直射光線を当てると雪白に冴えてくる。性質はあまり強健とはいえず無理な施肥は禁物である。繁殖は子上げによる。