永島 (ながしま)

分類    大葉  系統
作出年代  不明
登録    昭和40年追認
作出者    不詳
命名者    不詳
登録者    日本萬年青連合会

徳川家康公が江戸城入場の折りに持って入ったとされる伝説のおもと。白く細く入った繊細な永島斑(白斑とも)に、濃紺の縞をみせる希少保存品種。葉幅3~4㎝、葉長20~30㎝の中型から大型種。斑の美しさと歴史、威厳ある美麗品。性質は普通。採光、肥料も普通、子上げで殖やし、繁殖は普通。

永島 (ながしま) 徳川家康公が、最初の江戸城入城の際、日本の平和を願って万年青を三鉢自らもって、自分の床の間に飾りました。その際に持ち込まれた伝説の万年青、永島。その伝説もさることながら、優美な姿、紺性のよさと、斑の美しさに目を奪われます。江戸時代に作られた瀬戸焼を復刻した鉢に植えて

江戸時代(1716~1736)の頃、江戸・四谷(現東京都新宿区)に住んでいた幕府御家人・永島次郎太郎墨林が世に紹介した「布引おもと」です。永島家から出たので後に「永島布引」「永縞」「永島おもと」とも書き現し、もてはやされました。
江戸時代には最高位のおもとの品種です。現在、最古の銘品おもとのひとつです。