月光 (げっこう)

分類    薄葉系統  縞甲系
作出年代     昭和13年
登録    平成元年
作出者   兼子琴次 (愛知県)
命名者   藤井弘 (奈良県)
登録者   藤井弘 (奈良県)
作出地   愛知県

 

やや大型種。縞甲系統の大表品種。濃緑色の深い紺地は艶消しの地合いとなる。若木の時は葉先が尖るが、親木になるに従いそれほど目立たなくなり、葉裏に葉脈が筋ばるように現れる。葉肉の厚い中立ち葉で、真っ白な深い覆輪を現し、あらあらしいぐらいの雅糸竜の中に玉竜を現し、一見して本種を判定できるほど独特の葉芸で人気があります。性質は普通よりやや弱めなので、採光は十分に行う。肥料は普通で、繁殖は良い。

玉竜(ぎょくりゅう)一部地域ではたまりゅう  品種 月光
雅糸竜のある一部分が隆起してできた玉状の突起をいう。

月光 (げつこう) 2年生 鉢3.5号