文鳥丸 (ぶんちょうまる)

分類    薄葉系統   江戸おもと
作出年代  不明
登録    昭和9年
作出者   不詳
命名者   不詳
登録者   日本萬年青連合会

文鳥丸 (ぶんちょうまる)  6年生 鉢5.0号  濃紺緑色地の葉に乳白色の虎柄を現す。濃紺と白のコントラストが美しい中型種。葉姿は尖る。性質はやや弱い。春先の陽をしっかり採ることで虎柄が現れる。夏からは虎柄が焼けないように強い光線に注意する。この品種は虎が抜けることはなく、真っ青な葉が出ても管理次第で必ず綺麗な虎を現す。

濃緑色の葉に白虎を見せる品種。江戸時代からのおもと江戸珍品 この木の素晴らしさは白い斑の美しさ。緑が多い木は今年陽を思い切って取れるので今年よくなります。白い斑が多いと日を弱くしがちで柄がでにくいです。もちろん地植えにも向き、実も付きやすい縁起もの。-10℃もへっちゃらです。(今いきなり-10℃に植え替えたり、中にあったおもとを外にだしては× 地植えにする際は春秋の気候のいいときに根付かせて)愛されてきたt「文鳥丸」は「文鳥丸」ばかりを集めたいといった人もいて、人を引き付ける魅力をもっています。初めてでこの品種から始めた人も多いかもしれません。