瑞泉 (ずいせん)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和35年頃
登録    昭和55年
作出者    鈴木善三郎(愛知県)
命名者    江田進(東京都)
登録者    江田進(東京都)
作出地    愛知県

瑞泉(ずいせん) 3年生 鉢3.8号
肉厚の葉に雅糸竜、熨斗葉を現します。性質は繁殖良く強健で作りやすい品種です。名前もよく、丈夫なので、引越しおもとにも最適

丸止めで肉厚の葉に覆輪、熨斗葉、雅糸竜、玉竜など現す。多彩な芸を楽しめる人気品種。性質が特に強健で採光、肥料ともに強くても丈夫、芸も早くから楽しめ、子上げも抜群に良いので入門種に最適。しかし、殖やすことはできても、至芸品を作るのはなかなか困難。覆輪と縞覆輪の木があり、後者は数が圧倒的に少なく希少。

瑞泉の親子付き 子供は1年生 これから芸を始める

瑞泉の縞

小型種。肉厚の葉に雅糸竜、熨斗葉、玉竜や剣葉を現す多芸品種。紺性の強い地合いに純白の覆輪が現れ、美しいコントラストを生み出している。葉先は丸止めで盛り上がりのある雅糸竜がより厚みのある姿を演出している。姿は乱れることもなく、小型種でありながら雄大なイメージを見る人に与え、初心者なら必ず一鉢は棚にあるといわれる名品。性質は強健。採光・施肥ともに強めで作は良好。子上げ・芋吹きとも良く、出来ます。入門品として最適である。

瑞泉の縞

瑞泉の根っ子

瑞泉の図