新生殿 (しんせいでん)

分類    羅紗系統
作出年代    昭和10年代
登録    昭和21年追認
作出者   広瀬守継 (山形県)
命名者   水野淳治郎 (豊明園初代)
登録者   日本おもと協会

新生殿 (しんせいでん) 鉢4.0号 5年生                 昭和10年豊明園初代(水野淳治郎)が『国防殿』と命名、戦後昭和21年に『新生殿』と改名登録、おもと羅紗系の代表種。

品種解説

羅紗系

羅紗系統の中では大型種です。葉肉厚く、輝く総雅糸竜を現します。雄大で力強い魅力 を持ち、性質は強健で育てやすく、初心者から熟練愛好者まで人気の高い品種です。葉姿美しく特に丈夫なおもと 『新しく生まれる御殿』と名前よい
福福しい葉姿が人気 引越しおもと・お祝おもとなどお部屋の観葉植物に最適

新生殿 (しんせいでん) 鉢4.5号 7年生
姿迫力あり、芸も強い系統、丈夫な品種
特徴がはっきりした品種が人気 万年青を好きなすべての人が知っている品種。

羅紗という小型の万年青で、2~3年で芸を見せ始め、5年で親になる。見ごたえのある新生殿にしたかったら、7年ほどかかるかもしれない。それだけ時間がかかっても、育てる価値がある品種。非常に丈夫で、力がつくと子上げもする。芋吹きで増やすことが多いので、殖えるのに少しだけ時間がかかる。なので、どうしてもより殖え易いものよりは価格は少しだけ高い。
新生殿(しんせいでん) 2月 寒肥えを置いてある状態。

「新生殿」おもと界に冠たる所以

昭和16年初代豊明園園主•水野淳治郎氏が岡崎城近くの料亭•双竜亭に全国のおもと界有力者を招いて大披露宴を催し発表されました。発表当時は堂々とした草姿が国防に相応しく「國防殿(こくぼぅでん)」と命名され、命名記念に名入れの扇子や酒器などが進呈されています。発表当時から高い注目を集めた「國防殿」ですが、戦後になって国防といぅ軍事的イメージを払拭するため「新生殿」と改名され、人気の衰えを知ることなく現在に至ります。

「新生殿」の特徴は数多く、羅紗系の中でも大型で品種が見分けやすい(類似品種がない)。芸が出やすい、丈夫でどんな地域•環境にも順応し作りやすい、葉が一年に3〜4枚出て葉姿が整いやすい、芋吹きでよく殖える、など枚挙に暇がありません。しかし、何と言っても入門者にもありがたい購入しやすい価格帯であることが一番の特徴ではないでしようか。数多く出回っている大衆品でありながら、その本質はよく認知され、何十年も栽培しているベテランの棚にはどこへ行っても必ず「新生殿」が置いてあると言っても過言ではありません。

 

新生殿(しんせいでん)栽培について

丈夫さはおもと随一で、陽の強さ弱さ、肥料の多い少ないに関わらず育ちます。芋吹き を毎年の様に切っても、根出しが良いのであまり生長が止まることがありません。一歩抜 きん出た美術木のために目を付けたいのは日照。日陰より陽を採ったほぅが、葉が短く詰 まり、芸が凝縮し、特徴である首の太さが出ます。肥料にも強く、肥料切れをしないよぅに 強めに肥料をやり、葉幅の引いた芸を引き出します。

実親としての新生殿

羅紗はほとんどが花芽を付けませんが、新生殿、華宝、嶺雲などいくつかは花芽を付けるものがあります。すでに羅紗なので確率は良いでしょう。作出された羅紗は『萬邦』、『邦山』、『雄山』に加え、『双天』の実親(♂木)である翠汀の実親(♂木)も新生殿で、実親を作出するのにも非常に楽しみな木です。
どれも♂として使います。花芽から実になるものはまだ見たことはありません。実を付けず、花粉だけ取って花芽を落とす(元から切り取ってしまう)ので力は実をつけるほど落ちず、毎年花芽を来させることもできます。

万年青葉芸の変化 新生殿