新生殿(しんせいでん)

分類    羅紗系統   
作出年代 昭和10年代
登録    2001年
作出者   広瀬守継
命名者   水野淳治郎 (豊明園初代)
登録者   日本おもと協会
作出地 

昭和10年豊明園初代(水野淳治郎)が『国防殿』と命名、
戦後昭和21年に『新生殿』と改名登録、おもと羅紗系の代表種。

羅紗系
葉姿美しく特に丈夫なおもと 『新しく生まれる御殿』と名前よい
福福しい葉姿が人気 引越しおもと・お祝おもとなど
お部屋の観葉植物に最適
新生殿の葉芸の変化
姿迫力あり、芸も強い系統、丈夫な品種
特徴がはっきりした品種が人気

万年青を好きなすべての人が知っている品種。
羅紗という小型の万年青で、2~3年で芸を見せ始め、5年で親になる。見ごたえのある新生殿にしたかったら、7年ほどかかるかもしれない。それだけ時間がかかっても、育てる価値がある品種。非常に丈夫で、力がつくと子上げもする。芋吹きで増やすことが多いので、殖えるのに少しだけ時間がかかる。なので、どうしてもより殖え易いものよりは価格は少しだけ高い。