津島錦 (つしまにしき)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和25年頃
登録    昭和9年
作出者    近藤正雄 (愛知県)
命名者    平野吾智 (愛知県) 服部弘 (京都市)
登録者

 

津島錦(つしまにしき) 6年生 鉢 10cm(3.3号) 小型~極小型種。葉長4cm、葉幅1cm内外。濃緑色の葉にビリのきいた熨斗葉を見せる。葉先は少しとがり、中膨らみのある葉もでて、数は非常に少ない
性質も強健。採光・施肥 強~中。繁殖 子上げよい。葉繰り 普通 3~4枚

津島錦(つしまにしき) 6年生 鉢 10cm(3.3号)
小型で品のあるおもと。マニアックな希少種。手島風の富士に竜の鉢に植えて。白い富士がよい

葉が内側にたたまれたような芸、熨斗芸をみせる。中央と右にも熨斗芸をみせた、熨斗葉がみえる。

ぼこぼことした『聖雲殿』のような、素晴らしい地合い。地合いとはおもとの肌の質感のこと。