東三宝(あづまさんぽう) 

分類    羅紗系統
作出年代  昭和初期
登録    昭和54年
作出者   岡田和吉 (愛知県)
命名者   溝渕寿吉 (香川県)
登録者   溝渕寿吉 (香川県)

東三宝(あづまさんぽう) 4年生 鉢 3.8号  中型種。独特の光沢ある葉は紺性が特に強く、葉肉があり、葉先が鋭く尖り葉に力がある。葉幅も広く首元の太い力量感のある、気品の高い品種である。盛り上がる雅糸竜を葉面一杯に現し、剣葉、鈴虫剣をあらわしても葉姿は崩れることはない。葉姿は中型種の中でも均整がとれ、片繰りすることはない。整然とした雅糸竜は独特であり、人気の長さもうなずける。性質は普通だが、子上げ・芋吹きともに良く、採光は強めで、施肥は普通である。


紺性の強い葉は葉肉があり葉先鋭く尖る。雅糸竜、剣葉、鈴虫剣を現わす。性質は強く作りやすい品種。