光雲 (こううん)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和43年頃
登録    昭和51年
作出者    兼子琴次 (愛知県)
命名者    宮崎市太郎 (東京都)
登録者    増島松蔵 (神奈川県)

光雲(こううん) 4年生 鉢 約10cm  『大宝』×『晃明殿』の交配で作出されたもので、羅紗の縞甲竜といえる品種である。中型種。濃緑色の地で、年がたつに従い黄白色の深い覆輪をかける。葉幅は細めで中立ち葉、胴がわずかにふくらんで葉先は鋭く尖り、葉の先端まで通る雅糸竜は千さい優美である。おもと愛好家なら一度は手掛けてみたい品種である。羅紗系統のなかでは強めの採光にして、肥料も多めが良い。性質は強健で、芋吹きで殖やすほうが良い。丈夫で育てやすい品種。

光雲(こううん) 2年生 鉢 約3.3号 1年目は濃緑色の葉に薄い覆輪を現し、しかみ程度の雅糸竜を見せる。2年目に入り黄白色の雅糸竜をみせます。

光る雲のような繊細な雅糸竜が魅力、葉姿は整い、見栄えが良い品種。性質は強、繁殖は普通。採光は強め。兼子琴次氏は豊明園にて修行していました。