寿岳 (じゅがく)

分類    羅紗系統  胡麻斑系
作出年代    昭和45年
登録    昭和61年
作出者   水野淳蔵(豊明園2代)
命名者   水野雅章(豊明園3代)
登録者   寿岳推奨会

寿岳 (じゅがく) 5年生 鉢3.7号
柚子肌の地肌に胡麻斑を現し雅糸竜、甲竜を見せる品種です。
『福寿龍』×『金晃明』の交配により生まれ、培養を重ねるうちに王者の貫禄が備わった。培養は採光を充分おこない管理、繁殖は普通。

ゴマ羅紗の王者。

江戸時代の万年青趣味に通じるものがあるのか、万年青の緑、葉の厚み、貫禄を楽しむ。ゴマ斑をもち、黄金の胡麻を葉に散らし、独特の地合いがあります。胡麻羅紗の王者と言われるゆえんも、その地合いの素晴らしさから。ドキッとするような地肌は美しく、いつまでも眺めていたい。加えて、その地合いを引き締めるかのような雅糸龍は力強く、深い渓谷を思わせます。胡麻羅紗のレベルを上げ、裾野を広げた立役者。作出され50年近くたった今でも、人気もあり希少ですが、色あせない魅力を楽しんでみてください。