天照海 (てんしょうかい)

分類    縞甲系統
作出年代  明治22年
登録    昭和9年
作出者   米田周太郎 (奈良県)
命名者   大谷政平 (大阪府)
登録者  日本萬年青連合会

天照海(てんしょうかい) 7年生 鉢 6.5号 中型種。天然縞甲といわれる縞甲竜系の原形をとどめた大銘品。濃紺緑色の地合いは光沢があり、平葉となる。平たい葉は繊細な雅糸竜に覆われ、時には剣葉を出す。葉繰りの良い中立ち葉の葉姿に、真っ白な深い覆輪が現れ、「縞甲系の王者」として君臨している。性質は弱いほうに入り培養が難しいとされてきたが、最近は培養技術の進歩により芋が変化したのか大分そだてやすくなった。採光は十分に行い、施肥は弱めに培養する。鉢は小さめに育てると良い。

天照海(てんしょうかい) 3年生 縞甲系統の中で1番の雄大品種。濃紺緑色の地合いは光沢があり繊細な雅糸竜に覆われます。葉繰りは特に良く1年で4枚から6枚見せます。施肥を注意して管理すると良く出来ます。