草木錦葉集と万年青

『草木錦葉集』  (世界に誇る斑入植物図譜) 全7冊

文政12年(1829)刊水野忠暁(ただとし)著
著者の忠暁は幕府旗本。 草木の培養に長け斑葉植物を集大成した本書を著した。
1031種、すべて図入り 絵は大岡雲峯と関根雲停。

 

世界的にも珍しい斑入植物のみの植物図譜

江戸時代の園芸の盛んなころから様々な文献に載ってきます。文政十二年(一八二九)幕府旗本水野忠暁が見た萬年青、斑入品を中心に奇品約1千品を掲載しています。その中におもとの類二十三品、おもとふくりん並別布の類四品、おもと変り実の類三品、おもと上方にある品二十二品をあげ、三八品種のおもとを図説している。(大岡雲峯・関根雲停画)

 

水野忠暁

おもとの類二十三品、おもとふくりん並別布の類四品、おもと変り実の類三品、おもと上方にある品二十二品をあげ、三八品種のおもとを図説している。

『ふくりん小おもと』

1853年 小万年青高価をにて売買を禁ず と幕府の禁令がでています。

世界的にも珍しい斑入植物のみの植物図譜。編者の水野忠暁(忠敬とも) の珍稀植物のコレクター

家康ゆかりの「永島」  永縞布引
家康公が持ち込んだとされる伝説のおもとが「永島」です。
持ち込んだおもとの培養を臣下の永島某に任せたので、おもとを「永島」と呼ぶようになった、「永島」というのは「ジャンル」のようなものであるなど諸説があります、古い文献から「永島」についていくつかの情報が得られます。

豊明園歴史資料より