錦明鳳 (きんめいほう)

分類    薄葉系統  胡麻斑
作出年代  大正年
登録    昭和 9年
作出者   榊原八曽松(愛知県)
命名者   榊原清一 (東京都)
登録者   日本おもと連合会

『明鳳』の作出者 伊藤林右衛門氏(愛知県)で作出され 大正頃
大正始め水野淳治郎が「明鳳」と名前を付け覆輪の現われた物を
大正8年に覆輪が回り『錦明鳳』と改名された。

葉先は少し丸く一本竜を見せます、波打つ葉に胡麻斑を現す品種。性質は強健で繁殖も良い。胡麻斑の鮮明なものは「桑名性」という。

葉長13㎝、葉幅3㎝内外の中型種。黄白色の胡麻斑で葉先はやや丸く、高い甲竜、深覆輪を現す。葉繰は4~5枚

錦明鳳(きんめいほう) 4年生 鉢4.0号 採光を強くし管理、性質は丈夫で作り易い。

錦明鳳(きんめいほう) 4年生 鉢4.0号

錦明鳳の虎(きんめいほうのとら) 4年生 鉢4.0号

錦明鳳に美しい虎斑の現れたもの。