大判 (おおばん)

分類    実親系統
作出年代     昭和初期頃
登録    昭和38年
作出者   生田 肇 (愛知県)
命名者  小島栄太郎 (愛知県)
登録者  小島栄太郎 (愛知県)

『大宝』の実返しを親木にしたものです。濃紺緑色の葉は肉厚く、幅の広い葉にガシ竜、甲竜をのせ、大柄の葉はやや立ちぎみで虎斑が入る場合があります。秋にはほとんど消えてしまうほど後くらみの虎。

銘草『旭翠』(大判×大宝)を生んでいちやく有名になった品種、♀・♂両方に使います。