大車 (おおぐるま)

分類   実親系統 縞柄
作出年代 明治34年
登録   昭和年追認
作出者  不詳
命名者  不詳
登録者  日本萬年青実生研究会

細長く伸びた葉にひくくビリを打った二面竜、甲竜をのせます。葉の地肌は櫛目に荒れて、腰の折下げの良い物です。実生は紺地が強く、細葉か中葉にでた葉は地合い良く光沢があり、出世率は最高です。『大車』から多くの銘品を輩出しています。♀・♂両方に使います。

大車 (おおぐるま)  実付きの良い品種。

大車に関係した品種

富貴錦 (出世鏡×大車)  笠置錦(大車×出世鏡)  瑞泉(大宝×大車)

麒麟錦 (大宝×大車) 長生殿・錦玉殿・国光殿・豊綬楽・東亜冠・幸錦・愛玉殿

葉は細長く葉の中にびりをうつ二面竜を見せる。羅紗おもとの出る確率が高い。葉肉の厚い実生が生える縞羅紗を作る雄木・雌木に最適。性質は強、肥料強め。
最近、幾種類もの大車が出てきて何々の大車と呼ばれているようになりました。

羅紗・縞甲系♂♀木に最適
優秀な羅紗を生む実親
初めてのかたでも、ベテランも楽しめる実親
ご自宅にある他の親と交配を楽しんでも面白い

羅紗交配の父ともいわれる大車。華やかな甲竜と気持ち細めで長い葉が特徴の大車。羅紗の素晴らしい木はこの木から生まれたものも少なくありません。葉が長いことから、獅子とも相性がよく、獅子に大車をカケル、またその逆もよくされます。葉が長いからと言って、羅紗が出たときに葉が長いものができるというわけでもなく、葉の詰まった、凛々しい羅紗が生まれます。多くの人がいうには、実付きがよいのも人気の理由の一つ。おもとの種は大きいため、赤い実の中に1~3つの種しかまず入っていません。多くの種を蒔こうと思えば、実をたくさんつければよいので、実の付きやすいこの木は重宝します。どんな実親も気勢がつけばたくさん実をとれますが、ついつい小さいうちに実をつけようと思いがち。まずは気勢第一で、じっくりと実親を育てていきましょう。

琴治大車

実親中の代表品種

江戸時代から、原種の大きなおもとから小さな、かつ葉の厚い羅紗を育種していくことに日本中の実生家が挑戦してきました。原種の大きなおもとの中で、実をまいたとき葉の厚いもの、かつ、小型になるものを選抜しそれが、羅紗の世界の始まりです。

この琴治大車は、琴治を生んだ金子琴治さんが大切にした小型羅紗をはやす実親で、長年の選抜に耐えてきた実親の一級品です。琴治さんの実生は覆輪の回りや葉の厚さ、雅糸龍にとくちょうがあり、他にも琴宝 きんぽう 月光 げっこうなど芸がよく、長く愛されている木が多いです。是非蒔いてみてください!