旭光殿 (きょくこうでん)

分類   大葉系統 縞柄
作出年代 大正7年頃
登録   昭和 年
作出者  永吉新八郎 (鹿児島県)
命名者  米山慶助 (鹿児島県)
登録者

 

親木で葉長40~50㎝、葉幅8㎝内外。「凱旋」に似ているが、覆輪はやや広い、葉は基部から葉先に自然に尖る。葉面の光沢、紺性特に良い。刷毛縞で良くできたときは、黄色、白色。乳白色の三色を現す。特徴武町の永吉新八郎氏が「凱旋」の種子をまいて作出されたものを迫氏が譲り受けて「凱旋」と称したので、当時の趣味者は「迫凱旋」と呼びました。昭和29年米山慶助氏が中間一平氏より買って「旭光殿」と改名して池田享氏へ譲ったものです。「凱旋」と異なるところは刷毛縞が棒縞の間に入るので区別できます。葉型は「小久保高嶺」とよく似ています。