福黄金 (ふくこがね)

分類    大葉系統 虎系
作出年代  昭和52年頃
登録    平成4年
作出者   山崎登(千葉県)
命名者   高倉要雄 (茨城県)
登録者   高倉要雄 (茨城県)

福黄金(ふくこがね) 7年生 鉢6.0号
緑色の白斑に星のように散りばめた白虎斑が入りる。性質は強健で作りやすい品種です。午前中、採光を強く採ると柄が現われやすい品種。 ふっくらした白斑葉は虎班を見せ肉厚で紺覆輪を現わす。どっしりした木は子出し良く実付きの良い品種。春先からの採光を強めにすると虎柄が現れやすい。性質は強、肥料やや多目・日光中。