鶴裳 (かくしょう)

分類    大葉系統   大象観系
作出年代   明治17年
登録    昭和40年追認
作出者    大井大八(長野県)
命名者   栗本鋤雲(東京都)
登録者   日本萬年青連合会

鶴裳(かくしょう) 5年生 鉢7.0号
鶴裳の中斑が白銀色に変化「大象観」の実生で垂れ葉く、葉先が尖り葉全体に紺覆輪を見せる。葉は白銀ねずみ色刷毛柄を現す。繁殖良い強健品種。独特の色合いと葉芸を見せる。独特の色合い同系統には「永島」・「千代田城」・「千代田鶴」「雪上鶴」などが有ります。

鶴裳(かくしょう) 2年生

 

鶴裳(かくしょう) 7年生 鉢6.0号

「大象観」の実生で垂れ葉。葉全体がネズミ色のような刷毛柄で、その中に青緑色の切れの長い散り斑を現し、葉全体に紺覆輪が回る。性質は非常に強く、子上げも大変良い。株立ちにして飾ると大変きれいである。育てやすい品種なので、初心者でも立派に培養しているのを見聞きするが、古典保存品種として大切に育てたい品種である。大葉おもとの中では中型に入るが、一種独特の葉芸をする珍品である。