鷲高隈 (わしたかくま)

分類    大葉系統 大像観系
作出年代  昭和初期
登録    昭和35年追認
作出者   不詳
命名者   不詳
登録者   日本萬年青連合会

 

大葉おもと 鷲高隈(わしたかくま)

7年生 鉢 7.5号

原木の「大象観」に高隈虎の現れたもので、古くから全国各地で発見されている。立ち葉性となり葉幅が広く、ゆったりと波打ち、甲竜のようなしかみを現し葉先は丸みがある。濃紺緑色の葉に、初めは淡黄色の虎を現し、後に雪白に冴えた高隈虎となる。その美しさから一見して本種であることが判明でき、古い品種でありながら、いまだに人気も高く愛され続けている。虎が大きいことから葉焼けを起こしやすいので、早朝の2時間程度の採光が適当である。性質は強健で繁殖も良好である。

 

鷲高隈(わしたかくま) 1年生

薩摩おもと 鷲高隈(わしたかくま)

濃緑色の葉に雪白の虎柄を現します。『大象観』に高隈虎の現れた品種
性質は強健で作り易く実付き良い品種。関東以西では露地植えでも良く出来ます。

鷲高隈(わしたかくま)

戦前『高隈の鷲』といっていましたが、薩摩万年青研究会が改名し、昭和32年、鹿児島市の松尾春好氏が同会に登録しました。大木の立ち葉性で葉長50㎝以上、葉幅8㎝内外。濃紺の緑地で葉肉は厚く、葉先は丸く、縦波のはいる平葉に雪白の虎斑が鮮明に大小さまざまな形で現れます。