山雅の松 (さんがのまつ)

分類    薄葉系統   千代田系
作出年代  昭和41年
登録    平成13年
作出者    野入健三 (東京都)
命名者    萩原恒敏 (山形県)
登録者    山口俊行(茨木県) 杉本茂雄(埼玉県)

「千代田の松」の紺覆輪が純白に変化したもの。原木の「千代田の松」と葉芸は同一で、高い甲竜を中央部に現し、剣葉、雅糸竜を現す。元来、斑の白さは鮮明で純白に近いものであるため、雅糸竜もまた白く輝きを持つ色になる。紺性は特に強く、白とのコントラストは鮮やかである。性質は弱め、斑があまりにも明るいという長所を持つ反面、緑の部分が少ない。親木に近づくに従い一層白が強くなる。乾燥した風には弱く、春先には要注意。採光は若干弱めだが、施肥は原木と同様、少々強めが良い。

 山雅の松 (さんがのまつ)

千代田の松」の紺覆輪 が白覆輪に変化したもの。葉芸は原木の「千代田の松」と同じで、高い甲竜、雅糸竜、たるみのない引きしまつた葉姿をみせる。千代田系の王者「千代田の松」の変化といぅことで注目度が高く、入手希望者は多い。斑があまりにも明るく、緑の部分が少ないので乾燥した風、強い陽に注意。肥料はやや強め。