旭光宝 (きょくこうほう)

分類    薄葉系統  一文字系
発見年度   昭和初期
登録     昭和39年
発見者   久保誠之助(愛知県)
命名者   増島松蔵(神奈川県)
登録者   増島松蔵(神奈川県)

濃緑色の葉に深い覆輪がかかり図柄が現れます。葉肉は厚く根も太いです、子上げも良い品種。地球宝の羅紗地に変化した物。

羅紗地の「地球宝」として昭和初期に出現した。愛知県・福岡県で変化したものとそのご東京で変化したものがある。古くからありながら容易に繁殖せず、その培養は至難であると思われていた。しかし昭和37年頃からようやく増殖し出回るようになり、「旭光宝」として登録された。大きさは「日月星」より少し小型、羅紗地だけに葉肉が厚く葉先鋭く尖り、葉の反りがない。覆輪が深く首元で太くなり、男性的な魅力がある。施肥・採光ともに強めが良い。

旭光宝 (きょくこうほう) 2年生