阿波の白虎 (あわのはくとら)

分類    薄葉系統  一文字系
発見年度    昭和37年
登録    昭和43年
作出者   湯浅恒吉(新潟県)
命名者   石田敬策(新潟県)
登録者   山本勇(新潟県)石田敬策(新潟県)笠原右光(長野県)

「阿波日月」に白色の虎斑が現れたもの。発見者が同県村上市内の旧家で発見、命名者が栽培して全国大会に3本たちを出品したところ、その美しさに人々は魅せられたという。葉長20㎝、葉幅3㎝内外。濃紺緑色の葉に白く深い覆輪が華やかさをみせるところに雪白の虎を現し、この上ない美しさを見せてくれる。葉の裏側に葉脈が筋立ち突起する物を見せる。性質は強健で子上げも普通。施肥は普通。