天錦章 (てんきんしょう)

分類    薄葉系統  一文字系
作出年度    明治35年
登録    昭和9年
作出者   不詳
命名者   塚原大輔(大阪府)
登録者   日本萬年青連合会

『日月星』の根変わりで黄縞柄が現れた物。縞が入るため『日月星』より葉全体が黄色を帯びてくる。葉は巻いたような樋葉が出る、首元もほっそりとして全体的に女性的なイメージの葉姿となる。縞柄は至って変化しやすく、派手になったり縞が抜けて『日月星』に戻ってしまうこともある。性質はやや弱く、芋が柔らかいため施肥は控えめにします。採光は普通。

天錦章 (てんきんしょう)  6年生 鉢4.5号

濃緑色の葉に深い覆輪がかかり縞柄が現れます。
虎柄は固定しません差が現れます、子上げの良い品種。
『日月星』の根変わりで縞柄の現れた物。

天錦章 (てんきんしょう)  3年生 鉢3.8号