国宝錦 (こくほうにしき)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和10年
登録    昭和44年追認
作出者    橋本床松(愛知県)
命名者    溝渕寿吉(香川県)
登録者    日本萬年青連合会
作出地    愛知県

 

国宝錦(こくほうにしき) 6年生 鉢3.8号

葉先は丸く、葉幅が広いのでずんぐりと丸味のある葉姿をみせる。濃紺の地合いに深く白い覆輪をかけ、葉肉は特に厚い。若木の高い甲竜、熨斗葉が低い雅糸竜に変化する。首の太さは重厚感があり、広く親しまれる。性質は強健。採光、肥料ともに強めのほうが葉数も多くなりよく育つ。子上げもするが、芋吹きが主で殖えは良い。

国宝錦(こくほうにしき) 2年生 鉢3.5号 2年目の状態少し芸を見せる。1年目の下葉は丸葉。

国宝錦(こくほうにしき) 1年生 鉢3.3号