旭峰 (きょくほう)

分類    羅紗系統
作出年代    昭和10年代
登録      昭和47年
作出者   不詳 (福岡県)
命名者   高岡武正(福岡県)
登録者        高岡武正(福岡県)

羅紗のなかでは大型種。淡い緑の立ち葉は直線的で、全体を黄金色の大覆輪が覆い、雅糸竜を中心とした豪華さを際立たせる人気品種。若木から親にかけて、覆輪がぐっと深くなる。葉肉が厚い分、葉繰りは少ない。北九州地方では昔から「百万両」とよばれ珍重されてきた。性質は強健、採光、肥料は強めで良い。繁殖は芋吹きが主。

旭峰(きょくほう)
迫力のある葉姿。中型の「太陽」と同じぐらいの大きさ、華やかなおもとです。
鮮やかな黄色の覆輪が美しい1年目の緑の強い葉からは想像できないような変化は羅紗おもとの醍醐味ですしっかり日を取り、葉肉厚く、葉巾引く。葉肉が厚いため1年に出る葉数は2~3枚程度。地合いは艶消しで、葉肉は厚い。
登録されるまでは「百万両」と呼ばれ黄金色の輝きに魅せられる。