天光閣 (てんこうかく)

分類      大葉系統  羅紗
作出年代    不明
登録      昭和43年
作出者   不詳
命名者   鈴木助三(東京都)
登録者   鈴木助三(東京都)

古くから北九州地方にあった実生種であるが、葉長20㎝、葉幅8㎝内外で、羅紗の大型種といったほうが分かりやすい。葉肉は至って厚く、葉先は白く粉を吹きかけたような状態の糊をひき、白く深い覆輪が印象的である。葉繰りが良いので葉数も多くなり、力強くにぎやかな感じがする。性質は強健で繁殖も良く株立ちになりやすい。覆輪が深いため葉焼けすることがある。肥料・採光はやや強めにする。

艶けし地、薄緑色の葉に二面甲竜を現す。葉肉厚く、葉全体に白い粉を吹きかけたような糊をひき、白い深覆輪を現す。性質は強健、作り易い品種。丈夫で子出の良い品種。丈夫で作り易い品種。

万年青 天光閣(てんこうかく)