春日錦  (かすがにしき) 

分類    羅紗系統
作出年代  昭和2年頃
登録    昭和9年
作出者    福井某(奈良県)
命名者    市野利平(奈良県)
登録者    日本萬年青連合会
作出地

奈良の有名な春日大社にちなんで命名された。日本おもと協会の前身である日本萬年青連合会の第1号の銘鑑から登録され、羅紗系の銘品として今日まで珍重されている。羅紗系の中型種。柔らかい地合いと紺性、当歳の芋吹きはやや細身でやさしく、特徴がある。腰折れと折下げが良く、「三段折れ」と称され、左右均整のとれた葉姿には特徴がある。襟合わせ、葉重ね良く、幼児の熨斗葉から、長じて雅糸竜、剣葉を顕すうになり力強さを見せる。性質は強健で、子上げ・芋吹きも良く出来る。

春日錦 (かすがにしき) 1年生芋吹き苗  奴吹き

春日錦 7月22日 新芽が勢いよく伸びています。子供が出てくると下の葉が落ちやすくなります。

春日錦(かすがにしき) 6月10日
柔らかな地合いに葉の折下げが良く襟組みが良い。性質は強健で作りやすい。
この時期日光の採り具合で覆輪の巾や葉と葉の間隔が変わります。日が採り具合が弱いと覆輪が薄くなり又葉と葉の間隔が広くなり葉巾もせまくなります。