旭翠 (きょくすい)

分類    羅紗系統
作出年代  昭和34年
登録    昭和51年
作出者    生田肇 (愛知県)
命名者    小田井律樹 (愛知県)
登録者    小田井律樹 (愛知県)
作出地    愛知県

濃緑色、地厚の丸どめ葉に深い純白の深覆輪を見せます。雅糸竜美しい品種。性質は強健で作り易い「旭翠」 キョクスイ 、小田井実生 とも呼ばれていた。

旭翠 (きょくすい) 芋吹き1年生
覆輪が2~3年で一気に深くなっていっている。しっかりと日を取ることで変化が大きくなる。型がよく、芸も品があり、丸みを帯びた葉先は優しい印象を与える。性質も丈夫で、人気。羅紗のよさを伝えてくれる品種。

小型種。均一の葉幅、葉先は丸みを帯び、覆輪は際立って深い。立ち葉でまっすぐの折下げしない葉が姿をすっきりみせる。紺地は強く、若いうちから雅糸竜を現し、厚い葉肉は魅力たっぷり。姿も乱れず「昭和の天光冠」ともよばれる。性質は強健、採光、肥料は普通。子上げ、芋吹きも良い。