千代田鶴 (ちよだづる)

分類    大葉  系統
発見年度  昭和30年
登録    昭和48年追認
発見者    辻市左衛門 (福岡県)
命名者    辻市左衛門 (福岡県)
登録者    日本萬年青連合会
作出地

福岡県で培養中の「鶴裳」が白色の大覆輪に変化したもの。葉幅は細めで4㎝、葉長40㎝内外で葉はゆるやかに折下げる。立ち葉の「千代田城」とは好対称である。全体に白く感じられる。葉肉は見た目よりも厚く強健である。白覆輪と薄グリンーのコントラストが良く、一目見ただけで美しさが感じられる。またあでやかさも感じられるところから、植物好きの人であれば、思わず作りたくなるような魅力がある。

千代田鶴(ちよだづる) 鉢5.0号 4年生 薄い緑の葉に白いのりを引く葉に純白の深覆輪をかける。 名前のように、鶴が大空に飛び立つ姿を連想する優雅なおもと。『鶴装』から変化した物。薄い緑の葉に白いのりを引く葉、葉元から葉先にかけて白色の細い線が薄く入ります、純白の覆輪は巾が広い。