玉獅子の虎 (たまじしのとら)

分類    獅子系統
発見年度  明治30年頃
登録    昭和9年
発見者   石原宗三郎(愛知県)
命名者   不詳
登録者   日本萬年青連合会

玉獅子の虎 (たまじしのとら) 「玉獅子」の名らしい、玉を描く巻き。虎が見え隠れして、明治からの人気品種。深い紺地、艶消しの引き込まれるような地合いに、虎柄がぱつと白く咲く。これほど素晴らしい地合いをもった獅子はない。江戸時代からある「玉獅子」は獅子の祖先と考えられていて、柔らかく優美な丸巻きを見せる。採光は普通、施肥は多め。丈夫だが、殖えは普通で、棚入れ希望者は多く、出来た時から常に人気があり品薄。
玉獅子の虎 (たまじしのとら) 2年生 鉢3.5号
来歴 明治30年頃、愛知県名古屋市の石原宗三郎氏方で、『玉獅子』に虎斑が現れ変化したもの。虎の良否で「石原性」「久野性」「祖父江性」がある。
「玉獅子」に鮮やかな純白の虎の現れたもの。葉は艶消し地になって紺性よく、雪白の白い虎が現れた容姿は実に美しい。甲竜はなく、白い覆輪が葉元から先まで覆う。巻き方は穏やかな丸巻で、葉先が特に巻き込む。本種の歴史は古いが、いまだに不動の人気を保っ獅子系の最高貴品である。性質はやや弱いので肥料は控えめに、日光は生育期には十分採る。
玉獅子の虎 (たまじしのとら) 3年生 鉢3.5号
「玉獅子」に虎斑が現れたもの。濃緑色の葉は白い太い覆輪に縁どられ、雪白の虎斑を現し獅子芸はゆるやかに上品に巻き込む。虎斑は純白で鮮やかなものほど良質。性質はやや弱く、繁殖も少ない。明治からの人気品種。

「玉獅子」の名らしい、玉を描く巻き。虎が見え隠れして、明治からの人気品種。面白いことに、獅子は葉だけでなく、根も巻いているのです!!人は手を加えていません、自然に巻いてきます。柔らかく葉がカールしています。他の植物にはなかなか無い芸で、珍しいですね。葉を伸ばしたらどこまで伸びるやら!?愛嬌のあるこの葉姿は人気で、引越しおもとや新築、敬老の日のおもとだけでなく、マニアにも人気は高いです。

おもとには実際<獅子>というジャンルがあり、様々な獅子を楽しんでいる人がいます。この品種は明治の始め頃からあったといわれています。『玉獅子』に虎ののったものは『玉獅子の虎』といい、長い年月を経た今でも獅子系最高貴品です。