長誉の舞  (ちょうよのまい)

分類    獅子系統
作出年代  昭和42年
登録    平成14年
作出者   不詳
命名者   不詳
登録者   元松昇蔵(愛知県)
作出地   愛知県 長誉の舞(ちょうよのまい) 5年生 鉢4.0号

葉長18㎝、葉幅5㎝内外の白斑系獅子。首元太く、幅広の葉が角巻に強く巻き込む。白斑は明るく一目で判別がつく個性的な品種である。甲竜を主体に低い雅糸竜などの葉芸は白斑獅子の特徴を消すことなく適度に調和して気品がある。性質はやや弱いところがあり、繁殖は普通、採光は中程度がよくあまり強く採り過ぎると巻が悪くなることがある。施肥は多少強めが良く、弱くすると葉持ちが悪く、子上げも少なくなる傾向がある。

岡崎市中町、丸石醸造に長誉という美味しいお酒がありこれをヒントに名前が出来たのか?「長誉の舞」登録者は岡崎の元松氏広い葉巾に白斑を現わし角巻きに巻く。細かい雅糸竜を現わし葉の中央に甲竜を見せます。性質は少し弱い。