金龍閣 (きんりゅうかく)

おもとの種類

分類     薄葉系統 裏芸
作出年代    昭和52年
登録    平成15年
作出者   水野淳蔵(豊明園2代)
命名者   水野雅章(豊明園3代)
登録者   野村ツキエ・福岡龍太郎・水野雅章(豊明園3代)
作出地   豊明園

 

おもとの中の珍品。
おもとらしいのは、珍品だが、気品がある。

金龍閣(きんりゅうかく)  鉢3.5号

金龍閣の苗の状態、芋吹きの当歳(1歳)です。まったく芸をしていません。羅紗の芋吹きと同じですが、この裏芸系統も当歳では芸をしていません。ここから、力が付いてくると裏芸がぐっとでてきます。太陽と同じく、未だに値が上がり続けている品種。また、人気の品種なので、偽ものに注意。
金龍閣(きんりゅうかく) 4号鉢 昭和52(1977)豊明園にて長寿海と錦長寿を交配して生える。昭和62年頃縞柄に覆輪が廻り、平成元年頃から完全覆輪の子が出始め、葉芸がすぐれた変化を現す。おもとの中でも特に特徴のあるおもと。裏芸といって、葉の裏側が芸をして、玉竜、裏雅糸竜が素晴らしい。
覆輪は黄白色で深覆輪が成木になると葉全体を覆い、龍が天を突き刺すような葉姿で腰太く渦を巻く玉雅糸竜を現す珍品で、誰が見ても一目で分かる品種です。性質は強健で育てやすく、繁殖は普通である

金龍閣(きんりゅうかく)

裏芸 みえているのは、すべて葉の裏側。表の葉は、ほぼ閉じている状態。裏芸にもいくつか種類があり、金龍閣は、裏雅糸竜という、裏に雅糸竜が昇るもの。成長して親になると、玉竜ものせる。(こぶのようにみえるもの)