金城の松 (きんじょうのまつ)

分類    薄葉系統
作出年代  大正13年
登録    昭和  9年
作出者   西郷某
命名者   水野淳治郎(豊明園初代)
登録者   日本萬年青連合会
作出地   愛知県

 

葉長20cm、葉幅4cm内外の中型種。細かいヨモギ色の斑が葉全体に現れ、雪白の大柄な図が入り、受け気味の葉姿に良い平たい葉、高い甲竜を現わし、類似した品種が少なく、古典的な美しさを醸し出す。性質は強健で、繁殖は普通、時折芯止まりすることがある。採光、肥料ともに強めにすると、綺麗な図が現れる。近年、図柄の良い木が減少して、保存に努めたい品種である。

金城の松 (きんじょうのまつ) 1年生 葉の中心に甲竜を見せ、細かいヨモギ色の斑と図を現す。

根岸斑の葉に白斑を見せ甲竜と図現す。春先から採光を強めに管理すると鮮やかさが増す。性質は強健で作りやすい。