富士の雪 (ふじのゆき)

分類   薄葉系統   江戸おもと
作出年代 文久元年
登録   昭和9年
作出者  山田文蔵 (千葉県)
命名者  村越治郎兵衛 (東京都)
登録者  日本萬年青連合会

「古今輪(現在の一文字)」に虎が現れたもので、当時は「古今輪虎」と呼ばれていた。明治30年に現在の「富士の雪」と名付けられた。150年以上前に作出された品種のため、虎の現れ方に多くの系統があり、大型で大きな虎、小型で真っ白に冴える、細かく吹雪状に入る、縞のように細かく長く入るものなど集める楽しみもある。採光、肥料は強めで管理。江戸末期に一文字に虎斑が白く現れたもの。性質は強健で繁殖も良い。株立ちに作りやすい。採光を充分に採ると白さが増します。倉内性、砂山性、文治性、アルプス性などの物が有名です。

富士の雪(ふじのゆき)

江戸時代•文久元年(1861年)発見気持ちの良い直線の「一文字」に白虎
がパッと現れ、おもとの中でも一番に美しい品種。性質は強健で繁殖も良く、株立ちに作っても迫力をみせる。虎物なので、採光を強くすることで白さが増します。長い歴史から、倉内性、砂山性、文治性、アルプス性などいくつか性があり、アルプス性が白く大きな虎がます。

江戸の粹が醸すおもとの魅力

おもとは皆さん知っての通り品種は1000種以上あり、大葉、獅子、羅紗、千代田などジヤ ンルも多い分、5〜10年の流行で古い品種やぽつと出の品種はとんどん淘汰されていって います。その中でも100年以上愛され続け、流行に左右されない美しいおもとはあなたの お棚にあっても必ず輝いていることでしよう。