千代田の松 (ちよだのまつ)

分類    薄葉系統   千代田系
作出年代  大正元年
登録    昭和9年
作出者    松谷正太郎 (東京都)
命名者    松谷正太郎 (東京都)
登録者    日本萬年青連合会
作出地    東京都    白い千代田斑に濃紺緑色深覆輪をかけ二面竜雅糸竜を見せる品種。全体では力強く男性的な葉姿に仕上がる。名前が示すように千代田系の代表的品種で今日でも王者として君臨している。性質は強健で、肥料多くし、採光は中千代田の松(ちよだのまつ) 3.8号鉢 1年生芋吹き苗の葉表側は濃緑色、背の真ん中部分に千代田斑が見えます。

千代田の松(ちよだのまつ) 4号鉢 3年生 千代田斑が葉全体に現れ葉の縁に濃紺緑色の覆輪が回ります。千代田の松(ちよだのまつ) 4.5号鉢 5年生 白い斑を見せる、葉表に濃紺緑色の覆輪が葉全体を覆う場合もあります。