万年青の道具 ランセット

万年青の道具 ランセット

ランセットとは

ランセットは Lancet と世界五大医学雑誌の名前にもなっている。

ランセットは、手術用メスの一種で、幅の細い刃物になっていて、狭い場所で切ることに特化した特殊なもの。以下に示すように、明治の文献にはすでに上がっている。

万年青の世界では、

芋切り・割り子をする為に特別に作られた刃物で、芋を傷めないように極薄刃に作られています。

 

豊明園初代の携帯用ランセット 明治からのランセッタの歴史【萬年青の歴史より】

この【ランセット】が、万年青の文献に初めて見えるのは、明治18年の【萬年青培養秘録】の中の、ナイフのような形をしたものの図版に、【ランセッタ】と示されています。どちらも、外科医が医療に用いた小さな刃物のことで、日本語で訳すときには【刃針】といいました。

【ランセッタ】はポルトガル語、イスパニア語で、今私たちが使っている【ランセット】は英語です。萬年青は江戸時代には今の価値で、一鉢1億円を超えるものもあり、そういった万年青を楽しむ人の中には、西洋医学や西洋文化に詳しい人もいたのでしょう。

篠常五郎編『萬年青培養秘録』明治18年刊 全 について

【萬年青培養秘録】のランセッタ 【萬年青の歴史より】

【萬年青の歴史より】江戸、明治という100年以上前から、様々な道具が改良されていった

保管

粉の石灰に刺して保存しています。

発泡スチロールに刺してもgood。

砥ぐ

中目・細目の砥石でこまめに研いで使うとよく切れて怪我をしにくい。

他の刃物と違い、極薄なので、砥ぐときに気を付けてください。

 

豊明園の現在の在庫

どれもなくなり次第終了

20年以上前につくられたものや、ステンレス、鋼で作られたものなど様々です。

一部はプロに砥いでもらい非常に切れ味のよいものも。それですと、芋切りの1シーズンはほぼ砥がずに使えます。通常価格10000~20000円

いくつかの種類は、長期保管品なので塗装のはがれや若干のさびとう御座います。しかし鋼の性質はおもとの芋を切るのに最適。

豊明園 ランセッタ 販売ページ