『草木性譜』1827年(文政十年) 萬年青は喜び事、めでたき事に用いる

草木性譜 3巻

『草木性譜』は『有毒草木図説』と共に、1827年(文政十年)に同時に刊行された。この2冊は相互関連をもつもので、わが国独自の本草・博物学の到達点とされる。著者清原重巨は、当時江戸京都と並ぶ本草学の盛んな地であった尾張の本草・博物学グループ甞百社の中心的人物である。

 

『草木性譜』は代表的な草本四十五種を選び、天・地・人の三巻から成る。図はいずれも力作で、水谷豊文、犬窪昌章などが描き、その資料的価値も高い。

 

解説された植物で外来植物として当時珍しかったと思われるものに、仙人掌(サボテン)、龍骨木(キリン閣)、落花生、玉蜀黍(トウモロコシ)、甘蕉(サトウキビ)、木蘭(モクレン)などがある。

表紙の絵は、万年青の花実を描いたもので、花の場合は新芽が出ている途中や、根芋や昨年の花茎、虫食いまでも描いてあり、写実的。下の解説文には、新築、引越し、結婚、出産などのすべての喜び事、めでたき事に万年青を用いる、縁起物であることが記されている。

イギリス・スコットランドのエディンバラ植物園の書庫にもあります。

国会図書館より